ヘビでインコをサンドする

ヘビ一匹(天国にもう一匹)とインコ一羽と人間一匹の、三匹共同生活。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ブログのタイトル

ヘビでインコをサンドする、というものですが
あーちゃんが天国へと旅立った今、サンドできないじゃないかと。

私自身、何度も思ったのですが…

(こういうアイコンがずっと作りたくて、結局作れないままひとり欠けてしまった)


でも私はあーちゃんがどこかへ消えてしまったとは思っていません。
ただ少しの間、目の前からいなくなってしまっただけ。

IMG_1025.jpg

だからあの子がいたケースもそのまま、変わらない位置にあります。
シェルターだけは、そのままにすると「あーちゃんがまだここにいる」と錯覚してしまうので、ひっくり返してますが。
IMG_1026.jpg

そのくらい、私にとってあーちゃんが傍にいるのは当たり前だったのです。

ならば、あの子は消えたのではなく、一足先に、遠いところへいってしまっただけ。
いずれ私もベル様もローロも同じところへ行く。

そう考えています。



とは言うものの、私は人間として生きたので、死んだ先で彼らと一緒になれるとは思っていないのですが。
だって人間は業の深い生き物ですから。
彼らと並ぼうったって、背伸びしてもしゃがんでも、無理なこと。

最後の最後、たった一度だけ彼らと会って。
できれば、子供の頃飼っていた犬とも会って。
抱き締めて、ありがとうね、と言いたい。

そのくらい、彼らからはたくさんのものをもらっているから。


命が芽吹く、春が来る。
別れて、出会う。
悲しみを知って、喜びを知る。




応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト
[ 2016/03/01 22:15 ] 日常 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。