ヘビでインコをサンドする

ヘビ一匹(天国にもう一匹)とインコ一羽と人間一匹の、三匹共同生活。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

インコの日光浴

久しぶりに飼育記的な記事を書きます(笑)
内容はタイトルの通り、「インコの日光浴」について。

私自身調べてちょっとドキっとした節があったので^^;


IMG_1129.jpg
まずローロの場合ですが。
平日はおろか、土日も日の光を浴びる場所にはいません。

それには呼び鳴きを発生させないための、私の都合がふんだんに関わっているのですが…


土日に放鳥した場合も、基本的には部屋の中から出しませんので
ローロは紫外線を浴びる回数など年に数えるほどしかありません。

日光浴や放鳥の回数を管理している飼い主さんからしたら、「なんて乱暴な飼い方!」と思われるかもしれません。

しかし、日光浴がインコにとって必ずしも重要かどうかは解明されていないのが現状です。
獣医さんによっては、日光浴を否定される方もいます。

事実、ローロは年に数回しか紫外線を浴びていませんが、目に見えて何か他の鳥と違うというようなことはありません。
それはブログでの写真を見ていただければわかるかと。

「日光浴させるようになってから毛並みがツヤツヤになった!」という報告も見るので、もしかしたらいい影響はあるのかもしれませんが。

私もいちおう通販サイトでタイミングがあれば、紫外線ライトを買おうかなとは思っています。
ただ、急ぐ必要はありません。

獣医さんですら日光浴の必要性を説明できないのに、ローロが不調になった場合に必ずしも「日光浴がないせいだ!」とは言い切れないのです。




放鳥頻度についても「コンパニオンバードとしてあるまじき!」というものですが
それは各々の考え方次第だと思います。

私も最初は「こんな狭いところにずっと閉じ込められて、土日もろくろく遊んでもらえず、ひどい飼い主のとこに来ちゃったね…」とつらく思ったものですが
それでもローロは「ママ大好き!」と表現してくれます。


P1000046.jpg
一時期は毛引きの傾向も見られましたが、今は全くそのようなことはありません。
ローロが私の生活リズムに適応してくれたのです。


もちろん、このようにはいかないケースも多いとは思います。

でも何が幸せかなんて、人によっても鳥によっても様々で、
「そんな飼い方は可哀想!」なんて言えるための常識なんてないのだと思います。




☆まとめ☆
・インコの日光浴は必ずしも義務ではない
(ローロは年に数回しかしてない)

・どうしても日光浴させてあげたいけどできない場合
 →紫外線と同じ光を出すライトが売られているので、そちらを使う(爬虫類用ではなくインコ用)

・放鳥頻度についても鳥が負担に思わなければ、回数は気にしなくて良い
(ローロは一ヶ月放鳥なしということもあります)

・上記については個体差があることもお忘れなく
 ヨウムが必ずしも喋るわけではないのと同じです




応援よろしくお願いいたします(´ω`*)
スポンサーサイト

ジャンル : ペット
テーマ : 鳥さんとの暮らし

[ 2016/02/23 18:08 ] アドバイス的な | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。