ヘビでインコをサンドする

ヘビ一匹(天国にもう一匹)とインコ一羽と人間一匹の、三匹共同生活。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

嫌われる勇気

昨日空き時間に立ち寄った本屋にてちょっと読んだこの本。
嫌われたくないのに嫌われる私はどうすれば\(^o^)/
と思いながらぱらぱら読む。

「トラウマなどというものは存在しない」
「感情はつまり起こす行動への動機付けの道具である」
までしか読めませんでしたが


トラウマが存在しないというのは全くの同意です。
例えば私は高校生から大学生にかけて俗に言う多重人格のような精神疾患を患っていましたが
正直私は自身に起こったその精神疾患そのものを信じていない。

他人の出来事に思えて仕方ないのです。
当時の日記やメールを見ても、いまいちピンとこない。
「他人の日記を読んでいる」そんな感覚。

だって、そんな精神疾患にかかる理由が見当たらないからです。
たしかに愛情の薄い家庭で育ちましたが、そんなのどこにだってある光景だし
暴力まで受けてたわけじゃないし。
言葉の暴力はありましたが、そんなの普通でしょう?


「いやいや君、嘘でしょ(笑)」というのが、今の私の、過去の私に対しての感想。
本当に解離性同一性障害や統合失調症に苦しんでる人からすれば、「お前のは違う!」と言いたくなると思います。私も言いたい。
まぁ、日記やメールでの“私”はとても苦しんでいた様子なので、当時は大変だったのでしょうが。

今の私には他人の出来事。
そのくらい、理由のない、理屈でない結果というのが起こりうる。


過去の原因でなければ、未来への渇望か?
病人になれば構ってもらえる、優しくしてもらえる。
それなら、大いにありうる。
今となっては“その私”がいないので、確かめようがありませんが。

自分のことなのに、わからないことばかり。
そういえば「死神の精度」の死神さんも言ってましたね。
「人間は自分のことなのに、いつも“わからない”と言う」と。


意識がどこかにいくような、自分の体が自分のものじゃない感覚はたまにありますし
医者には「殺される!」「逃げなきゃ!」という気分になるのは未だに変わらない。
しかし、はたしてそれが過去の精神疾患に基づくものか?

私自身の答えは「否」です。

過去は未来に直結しない。
影響はあるでしょうが、直接全ての原因になりうるわけではありません。






さて、次は「感情はつまり起こす行動への動機付けの道具である」ということ。
この著書では「怒りを理由に怒鳴ったりするのではなく、怒鳴るために怒りという感情を利用した」というところまでしか読めませんでしたが。

書かれていたのはこんな内容。
例えば母親が娘に怒鳴って怒っていて、そこに一本の電話が入る。
母親はきつい口調で電話に出るが、相手が誰かわかって声のトーンをいつもの、よそいきに変える。
受話器を下ろすと、母親はまた娘に怒鳴る。

つまり出し入れ可能な感情であると。

ちょっとこの項目は私の中でまだ消化しきれていないので、あまり正しく本の内容を記述できていないかもしれません。


ただ、この「怒鳴るために怒りという感情を理由にした」というのは、私も身に覚えがあります。

以前私は「嬉しいという感情がわからない」という記事を書きました。
それは私の中で、「嬉しいという感情を理由に、起こす行動が存在しない」からであると推察します。
(今はその行動がありますので、正しくは「存在しなかった」ですが)
だから「“嬉しい”がわからない」になるわけです。


怒鳴ってから“怒る”が付いてくる。
笑ってから“楽しい”が付いてくる。
何もないから“嬉しい”がない。

こういう方程式です。

これは随分昔に別の誰かも言ってましたね。
「楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しいのだ」と。

“怒り”で例えるから否定してしまいたくなるけれど、“楽しい”で言われると、納得しやすいのでは?


おろーん、随分長文な記事を書いてしまいました(笑)
これでも書きたいことぜんぜん書けてないのよねー
本でも書こうかしら?(笑)



「きっと売れねえな」


あら、“八つ当たりして苛々する”ですか?
私にもよくありますねえ、それ。
まあ私は貴方からいくら噛まれても文句言いませんので、気が済むまで、お好きなだけどうぞ。




応援よろしくお願いします(゜ω゜)
スポンサーサイト
[ 2016/03/10 21:09 ] 日常 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。