ヘビでインコをサンドする

ヘビ一匹(天国にもう一匹)とインコ一羽と人間一匹の、三匹共同生活。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ひたすらローロを愛でる回

 

「そぉい!!」


エエエェェェェェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェェェェェエエエエ


ちょっとちょっと、ローロちゃん、ちゃんと写ってよ!!




「はぁい…」



久しぶりのお休みで、ひたすらローロをいじくりたおしてました。

ずっとスマホを構えてたからか、少々シャッター音などにも慣れてくれたようです。




「ぬくぬく♪」



こんなに大人しくニギコロさせてくれたのはすごーく久しぶり。

でも両足で私の親指を掴んでいますから、厳密にはニギコロになっていません。





本当はカゴの外に出してあげたいんですが、全くと言っていいほど休みが取れていない現在、外に出す癖をつけてしまうとまずいのです。

私の都合でローロには辛い思いをさせてしまっています…




「うーん」





「飽きちゃった☆」




逃げられた!

ローロはあまり長いこと触らせてはくれません。


しかしこれでめげるママではない!!!



ローロちゃん捕まえた(´∀`*)ウフフ






まだまだいくよー☆



「むにゅう…」




羽膨らませてると、なんかすごく雛みたいに見えますね(^ω^)



え? どこから手が出てるんだって?

えっとですね、カゴの餌入れの出入り口に手を突っ込んでおります。


もともとは放鳥時にカキカキさせてくれない(外に出れた嬉しさのあまり興奮して噛み付いてくるから)ことに不満をもった私が生み出した、カキカキを心ゆくまで行うための方法でありました。




「あむあむ」


なんか嫌がってるように見えますが、噛むという行為は鳥さんにとって愛情表現の一つです。

それと、私から掴みにいくことは絶対ありません。



↑こんな感じに指を掴まれて、勝手に私の手の中に入ってくるのです( ´∀`)




はい、満足したら木に戻ってね。



「またカキカキしてくれる?」


いや、もうそれは、今すぐにでも。




「わぁい!!」














「…ところで、私の脱皮完了報告はいつになったらされるのでしょう」
スポンサーサイト

ジャンル : ペット
テーマ : 鳥さんとの暮らし

[ 2013/03/16 19:45 ] 飼育記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。