ヘビでインコをサンドする

ヘビ一匹(天国にもう一匹)とインコ一羽と人間一匹の、三匹共同生活。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

岩国白蛇神社

行ってきましたぞー!!

遠い山口の地へ!!

片道5時間くらいかなあ?
相方の車に乗っけてってもらったんですが、遠いのなんの!

でも天気よくて助かったぁ~
台風来るかなって、冷や冷やしましたからヽ(´o`;


で、神社に着きましたらば、まさかの参拝客ゼロ(^^)

堪能しましたとも!




神社は立派な構え。
新しいかんじの綺麗さはありますが、それも良いところ。



手水もヘビさんのモチーフ。
こんなのいくらかかるのかしら? なんて、思っちゃいけませんね(笑)



いろんなところにヘビさんの彫りがあります。



おみくじまでヘビさん仕様!
手が込んでます~


まさかの大吉!
ヘビ関係で何かいいことあるかしら?


ヘビさんモチーフをもういっちょ。


神社に隣接した保護施設では、白ヘビさんたちがガラスに覆われたお庭でのびのびと暮らしています。
ひとくちに白ヘビといっても、ベル様とはお顔も色もぜんぜん違いますね~


白いヘビなのに黄色っぽい? というのには理由がありまして。

白い色素によって白くなるヘビさんは、全体が白に覆われているわけではないので岩国の白ヘビのように黄色を帯びます。
ベル様のようなリューシスティック(白化固体)は色素が全て白色に変異したため、真っ白になります。
また、アルビノは色素がないため血管が透けて、ピンクを帯びて見えます。

絵の具で例えると、
白い絵の具をまばらに塗っていくか
塗った絵の具が全て白に変わってしまったか
塗った絵の具が全てはがれてしまったか
という感じでしょうか。

帰宅してからはさっそく白蛇保存会員に申し込み、会員となりました。

ヘビにやさしい世の中を。 byヘリウム
スポンサーサイト
[ 2014/10/15 12:57 ] 日常 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。