ヘビでインコをサンドする

ヘビ一匹(天国にもう一匹)とインコ一羽と人間一匹の、三匹共同生活。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

久しぶりの更新だというのに

悲しい報告をせねばなりません。
家族がひとり、欠けてしまいました。

コーンスネークのあーちゃん。
2012年の3月生まれ。
おとなしくて小さい、可愛いヘビさんでした。

異変に気付いたのは10月27日。
水の入れ替えで久々に触ったら、肛門あたりがえらく腫れていました。

そのときの写真がこちら。



でも私は「ヘビにも便秘みたいなんあるんかな?」と、深刻さを理解できませんでした。
翌朝28日、あーちゃんは動かなくなっていました。

びっくりして、何度も揺すって、呼びかけて。
でもあーちゃんが動いてくれることはありませんでした。

そばには消化不良のマウス。
すぐにヘビの消化不良について調べて、冷えによる体調不良だと知りました。

寒さ対策をするのは冬眠を防ぐためと思い込み、体調不良になるなんて知りませんでした。
体調不良どころか、死なせてしまった。

私の無知で苦しませてしまった。
つらかったろうに。
痛かったろうに。

いくら謝罪しても、し足りない。

色々こらえて出社して、帰宅してから涙が枯れるまで泣きました。
ごめんね、ごめんねと、そればかりを言った。

別れはいつかくるものだけど、こんな形で迎えてしまったことが悲しくてならない。
本当なら、もっとずっと一緒にいられるはずだった。

動かないあーちゃんを見るたびに嗚咽した。
よく人は、失ってから大切さに気付くというけれど
本当にその通りだった。

何事もなく過ごしてこられて、元気でいてくれるのが当たり前になっていた。
ヘビについて全て知った気でいた。


大きくなって気が荒くなったベル様と違って
あーちゃんはいつまでも小さくて、可愛くて。

ブログではあんまり出番がなかったり
写真が少なかったりしたけど
ローロやベル様のほうが好きだからとか、そんなことは決してなくて。

私の頭に乗せたり、パーカーのフードに入れてみたり。
あーちゃんにとっては迷惑だったろうな。
こんな飼い主のところに来てくれてありがとう。
勝手に愛させてくれてありがとう。

私はこの悲しさを、絶対に忘れない。
忘れることなんてできない。

ずっと後悔しながら、ずっと愛していく。

まん丸黒いお目々。
茶色のまだら。
すべすべした体。
もう触れられないけど、何ひとつ忘れない。

ただ、時間は君を置き去りにするから、私は君と別れないといけないんだ。
体の一部が欠けた感じがするけど、そこが埋まることは一生ないんだろう。

たとえ同じ姿のヘビでも、それはあーちゃんじゃない。
私が愛したあの子じゃない。


初めて経験した、ペットとの別れ。
彼らと言葉は交わせなくても、想う気持ちは勝手に育ってた。

あーちゃんとの別れは、ごめんなさいばかりだったけど
ベル様やローロとのときは、ありがとう、って言えるようにする。


たくさん泣いて、泣いて、後悔しました。
夜には夢にまで見て、「生き返った! よかったぁ!!」なんて、バカな妄想をして。
起きてから余計、悲しくなった。
でも友人が、あーちゃんがさよならしに来てくれたんだねと言っていて。

今は少し落ち着いて、あの子がくれた幸せを噛み締めています。

うちに来てくれてありがとう。
幸せにさせてくれてありがとう。

きちんと君に届けられなかった愛情を
ベル様やローロに与えながら
日々君を想うことにするよ。
スポンサーサイト
[ 2015/11/03 13:33 ] 飼育記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。